NEW オススメ 限定品

【お試し価格】サーキットラジアルG-maxTire 2019 SS (295-30-18.)

商品コード:
GMX0002
通常価格(税込):
66,000
特別価格(税込):
31,350
メーカー:
G-max
メーカーURL:
http://gmax.mitsuhiro-kinoshita.com/
関連カテゴリ:
タイヤ
定価66,000円/本のところ、2019年モデルの在庫品をお試し価格として31,350 円/本でご提供いたします!

※現在品切れ中です。2022年1月末に少量入荷予定。


レーシングドライバー木下みつひろが、国内チューニングカーのパワーレベル、サスペンションセッティング、ドライバーのレベルなどを踏まえて開発した、タイムアタックからレース向けのタイヤです。

以前ハンコックから発売されていたタイヤを基に、開発ドライバーを務めた木下みつひろがcompound構造を新たにセッティングし、高次元でのグリップ力と使いやすさを追求しました。



通常 世の中のSタイヤとスポーツラジアルタイヤは、ウエット性能、ドライ性能の両立を持っていますが、G-max Tireは更にユーザー目線で、走りたい環境でしっかり結果に結び付けられるように、ドライ性能に特化した性能にしています。
タイムアタックユーザーにとってはウエット路面でサーキットを走る事が無いため、ドライ路面専用コンパウンドにする事で、更なるグリップを発揮します。



G-max SS コンパウンドの季節!!
下の画像(参考画像:コンパウンドSSの摩耗状態)は、ミニサーキット15分 5走行タイムアタックした後のタイヤの摩耗状態です。(GTR33で車重は1400kgでの使用状態です。RX7など車重が軽い場合は更に美味しく使えるタイヤです。)
皆様が心配されているSコンパウンドとの比較で30%摩耗が早いですが、タイムはミニサーキットで1秒以上変わってきます!
G-max SSは、ドライコンディションで高いグリップ力が発揮できるようにコンパウンド強度が高いです。
ユーザーからは摩耗面も綺麗でスリップサインギリギリまでタイムの落ち込みも少なく走行できるとのことです。
Sコンパウンドでもグリップは非常に高いですが、路面温度35度以下となればSSコンパウンドがオススメです。
美味しい内圧は 温感時2.0 冷感時1.6から1.8スタート 車重が重い車は高めが良いです。


■商品仕様
タイヤサイズ:295/30-18インチ
コンパウンド:SS

※運送会社の都合により個人宅宛の配送はできません。(営業所止めは可)
※本商品は偶数数量(2本、4本など)での販売となります。奇数個でのご購入は対応できかねますのでご了承ください。
※別途送料がかかります。送料はお届け先のご住所により異なります。
※5本以上のご購入をご希望の場合は送料が異なりますので、お問い合わせください。
※1回のご注文で計5本以上のタイヤをご購入の場合は、別途送料をお見積りしご連絡させていただきます。代金の振り込みは合計金額の確定までお待ちください。

参考画像:コンパウンドSSの摩耗状態

写真:コンパウンドSS